合宿免許で取る利点

運転普通二種免許は、普通一種免許と比較して大幅に難易度が高いということはありません。普通一種免許を取得して3年以上の運転経歴を持っていれば、普通二種に必要な教習を受けることでほとんどの人は免許を取得できています。普通二種の教習は、例えば普通一種免許を所持している場合、学科合計19時間技能合計28時間を受ける必要があります。なかなかの教習時間の多さだと思うかもしれませんが、合宿免許であれば短で8日間でも取得可能です。大幅に免許取得期間を短縮できるのが、合宿免許のメリットです。免許取得期間が短縮できるということは、そのぶん仕事に役立てられる時期が早まるということ。

普通二種免許を取得したい人は、すぐにもプロのドライバーになりたい、あるいはなる必要がある人でしょう。つまり、一日も早く二種免許を取得する必要があるわけです。そのためには、通所よりも期間が短くて済む合宿免許のほうがメリットがあります。通いの交通費を節約するためにも、合宿免許は有利です。仕事をしながら普通二種免許を取りたいという人でも、8日間ほど休みがとれれば両立は可能です。有給休暇を駆使するなどして、仕事をしながら合宿免許で普通二種免許を取ることも検討してみてはいかがでしょうか。

参考>>>免許の匠
└普通二種免許が取得できる合宿免許情報を掲載しています。

プロのドライバーに必須

タクシーやバス、ハイヤー、運転代行業など、プロのドライバーになるためには、普通二種免許が必要です。人を乗せて商業目的でドライブするのであれば、必須の免許が二種免許なのです。人を乗せて安全にドライビングする必要がありますから、免許取得の条件は一種よりも厳しく設定されています。年齢条件も、そのひとつです。21歳以上が取得の条件で、さらには他の二種運転免許を受けている、あるいは普通自動車・中型自動車・大型自動車・大型特殊自動車のいずれかの第一種免許取得者であることが必要です。そのうえで、運転経歴が3年以上経過していなければなりません。

視力の条件では、片眼で0.5以上、両眼で0.8以上であることが求められます。深視力という立体視における遠近感、立体感を測る検査で2cm以下であることも必須です。この条件は、一種の大型、中型、牽引免許の取得条件と同じです。人を乗せて利用料金をとって走る以上、厳しい条件をクリアするという高いプロ意識が欠かせないのです。長年、運転経験がある人、運転は得意だと自負している人は二種免許の取得も簡単だと思うかもしれません。しかし、一種とはまた異なる緊張感や教習が必要なことも、忘れてはならないことです。

普通二種とは

転免許には種類があり、普通自動車免許にも一種と二種に分かれています。それぞれに、運転できる種類や免許取得の難易度も違ってくることから、どの免許を取るかによって適切な情報を得ることが大切です。

車普通一種の免許は、車両総重量5t未満、最大積載量3t未満および乗車定員10人以下の普通自動車を自家用車として運転できる免許を指します。自家用車の運転しかしないという人は、普通一種の運転免許があれば十分です。この免許を取得しておけば、原付も運転可能です。一方、普通二種の免許は、車両総重量5t未満、最大積載量3t未満および乗車定員10人以下の商業目的の車を運転できる免許のこと。商業目的とは、人を乗せて走ることです。バス、タクシー、ハイヤー、介護タクシー、運転代行業などを指し、無料送迎車は含まれません。

普通二種の運転免許は、21歳以上にならないと取得できません。一種免許が18歳以上でないと取得できないのに対して、大きな違いです。一種免許より二種免許のほうが、高い視力を求められる点にも違いがあります。タクシーやバスなどでプロのドライバーとして仕事をしたい人にとっては、二種の免許が必須。一種を取得したうえで、二種免許も取得する必要があるのです。

運転免許は合宿がいい

普通自動車の運転免許には、一種と二種があります。一種免許は自家用車を運転することができますが、タクシーやバスなど商業目的で運転をする場合は普通二種免許が必要です。普通二種免許は、一種免許を取得したうえで21歳以上にならないと取得できません。もちろん21歳以上であればすぐにでも免許取得にチャレンジできるものの、一種免許を先に取得しておく必要があります。また、普通一種免許よりも、二種免許のほうが視力条件が厳しい点にも注意が必要です。

普通二種免許を必要とするドライバーは、人を商業目的で車に乗せて運転する人です。タクシーやバスの運転手、ハイヤーの運転や運転代行をする人にも、普通二種は必要な免許。そのため、取得条件も一種より厳しくなっています。21歳以上で所定の運転免許を持っていること、なおかつ3年以上の運転歴がなければ二種免許を取得する資格はありません。視力条件も、一種の大型免許などに匹敵する内容です。二種免許に必要な教習も受けたうえで、試験にパスすれば晴れて普通二種に相当する車の運転ができます。

合宿免許では、普通二種免許の取得に7~8日間かかります。これほどの短期間に免許を取得できるのであれば、働きながらでも両立できそうです。合宿免許なら、普通二種免許を短期間で取得できるだけでなく、通所の交通費を浮かすことや、仕事に早く活かすことが可能です。必要だから一日も早く手にしたい普通二種免許を取るなら、合宿免許が有利なのです。