プロのドライバーに必須

タクシーやバス、ハイヤー、運転代行業など、プロのドライバーになるためには、普通二種免許が必要です。人を乗せて商業目的でドライブするのであれば、必須の免許が二種免許なのです。人を乗せて安全にドライビングする必要がありますから、免許取得の条件は一種よりも厳しく設定されています。年齢条件も、そのひとつです。21歳以上が取得の条件で、さらには他の二種運転免許を受けている、あるいは普通自動車・中型自動車・大型自動車・大型特殊自動車のいずれかの第一種免許取得者であることが必要です。そのうえで、運転経歴が3年以上経過していなければなりません。

視力の条件では、片眼で0.5以上、両眼で0.8以上であることが求められます。深視力という立体視における遠近感、立体感を測る検査で2cm以下であることも必須です。この条件は、一種の大型、中型、牽引免許の取得条件と同じです。人を乗せて利用料金をとって走る以上、厳しい条件をクリアするという高いプロ意識が欠かせないのです。長年、運転経験がある人、運転は得意だと自負している人は二種免許の取得も簡単だと思うかもしれません。しかし、一種とはまた異なる緊張感や教習が必要なことも、忘れてはならないことです。